『キレイな体幹を手に入れる!理想の腹筋2種類の鍛え方とは?』

体幹をしっかりと鍛えたことはありますでしょうか?
体幹をちゃんと鍛えることができると、女性なら美しいくびれが手に入り、男性ならかっこよく割れた腹筋が手に入りますよね。
この記事を読んでいる方々も、そんな理想の体幹になってみたい!と思っている人は多いでしょう。
しかし、「どうしてもこの体幹のお肉がとれない、どうしたらいいんだろう。」
「ちゃんと効果の出る体幹の鍛え方を知りたい」とお悩みの方も多いはず。
そこで、今回はしっかりと効果のでる体幹の鍛え方を、2つの面から分けてお教えしていきたいと思います。
この鍛え方を実践すれば、理想の体幹間違いなし!ぜひ読み進めていただき、日々のダイエットにも活かしていただきたいと思います。

 

 

体幹の鍛え方は、2種類あるんです

 

多くの方が意識できていないことなのですが、体幹の鍛え方には2種類あります。
一つは「収縮」に関する鍛え方、もう一つは「腹圧」に関する鍛え方です。

 

 

体幹の「収縮」に関する鍛え方

 

まず一つ目の体幹の収縮に関する鍛え方について、ご説明していきます。
体幹の収縮に関する鍛え方は、一般的に知られている腹筋運動がそのジャンルに入ります。
種目でいうと「クランチ」「レッグレイズ」などが、この収縮に関する鍛え方です。

腹筋が収縮する時、体の前面にある恥骨とみぞおちの間にある腹筋が縮みます。
腹筋が縮むということは、体幹部分が鍛えられているということになるのです。

この腹筋が収縮する鍛え方は、お腹が6つに割れるような、ぱっと見のキレイな形の腹筋を作りたい人にはオススメの鍛え方になります。
特にしっかりお腹を割りたい男性には、この体幹の鍛え方がオススメです。
クランチやレッグレイズなどの種目で、憧れのシックスパックを目指しましょう。

 

 

体幹の「腹圧」に関する鍛え方

 

二つ目は体幹の「腹圧」に関する鍛え方です。
お腹を凹ませたり、膨らませたりする運動がそのジャンルに入ります。
種目でいうと「ドローイン」がこの鍛え方のジャンルに入ります。

体幹部分が凹んだり膨らんだりする時、体幹の腹圧と呼ばれる圧力が高くなったり、低くなったりします。
これによって、体幹部分を鍛えることになり、体全体をしっかり支えられるようにもなります。

この腹圧を高めることができるようになると、ウエストのサイズがダウンし、お腹のくびれなど見た目の細さを手に入れることができるようになります。
ウエストのサイズをダウンさせたい、くびれをキレイに作りたい女性には、この体幹の鍛え方がオススメです。
ドローインでしっかりとお腹の腹圧を高められるような鍛え方をして、きれいなくびれを手に入れていきましょう。

 

 

体幹の鍛え方を使い分け、キレイなお腹を手に入れましょう!

 

体幹の鍛え方によって、きれいになる方法が違うので、「クランチ」「レッグレイズ」「ドローイン」を使い分けて、自分の理想とする体幹を手に入れてくださいね。
また、どんなに体幹を頑張って鍛えても、なかなか効果が上がらないという方は、体質的にお腹から太りやすい体質を持っているかもしれません。
もしどうしても効果が出ないという人は、一度自分のDNAを調べてみてもいいかもしれませんね。

 

遺伝子×運動についてもっと知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

遺伝子検査で今の筋トレを「キレイな体型を手に入れる近道」に!

MENU

トップページ