プロテイン3つの使い分け。筋肉がつきづらいのはDNAが原因?

プロテインに興味はあるがまだ飲んだことがない方、プロテインって太るイメージをもっていたりしますか?
飲み方をわかればそんな心配はありません。
まず初めにどんなものなのかご紹介いたします。

 

 

プロテインとはどういうものなのか?

 

プロテインはあくまで食品の一部なので、飲んだからといってすぐに筋肉がつくということではありません。
ではプロテインの効果とはなんなのでしょうか。

 

 

プロテインの効果

 

それは手軽に質のいいタンパク質を補給できる。
タンパク質をとるといっても中々難しい状況などありますよね。
そんな時、活躍するのがプロテインなのです。

でも、いつのタイミングでプロテインを飲んだらいいかご存知ですか?
実は目的によって、プロテインの摂取の仕方が変わってくるのです。

 

①筋肉量、筋力のアップには運動後の30分以内に‼

運動語30分以内は回復のゴールデンタイムと言われています。傷ついた筋組織を修復するべく栄養素を必要として、吸収が高まるとされています。
このとき筋肉の材料となるタンパク質を補うことで傷ついた筋肉の回復やより強くすることを期待できるのです。

 

②ウエイトアップには食後・補食に

プロテインは余分な脂肪分をとらずに一日の摂取カロリーを増やすことができます。
中々食事だけでは必要なタンパク質がとれない…という方におすすめ。
補食としてプロテインをとると休息している間も体の回復され、更にエネルギー切れもなくなるので空腹感の改善にもなります。

 

③栄養バランスの改善には食事前後、就寝前に

健康維持にはタンパク質をしっかりとり、体づくりに必要なアミノ酸を体内に保っておくことが重要です。
疲労を取り、栄養バランスをしっかり整えるためにも新陳代謝を助けるタンパク質は必要不可欠と言えるでしょう。

 

 

あなたはどのタイプでしたか?

 

他の人より筋肉がつきずらいor体がたるんでいてメリハリがない、もしかしたらそれはDNAが関係しているかもしれません。
そうゆう方はまさにプロテインが重要になってきます。
筋肉が分解されやすいので補食など寝る前に飲むのがおすすめです。
一度DNA検査をしてみてもいいかもしれませんね。

 

MENU

トップページ