『糖代謝リスクが高い人向けのダイエットはこれ!無理なくやせるための3つの方法』

自分のDNA検査の結果で、糖代謝リスクが高いと出たけど、一体どんな対策をすればいいか分からない。

もしかすると、自分のDNAは糖代謝リスクが高いかもしれない。もしそうだとすると、ダイエットするには何に気をつければいいのか分からない。

こんなことで悩んではいませんか?

自分のDNAを検査して、結果が出たのはいいけれど、そこからどうやってダイエットしていけばいいのか。

それが分からないまま、太り続けてしまう人は多いです。どうすればいいのか分からないまま太り続けるのは想像するだけで辛いですよね。

 

実は私もその一人でした。

糖代謝リスクが高いと分かっていたのに、どんな対策を取ればダイエットできるのか分からなかったので、

気になる体脂肪は一切変化のないまま。

それではせっかくDNA検査をしても意味ないですよね。

 

しかし、ある三つの方法を続けることによって、私は体脂肪を3%も減らすことに成功したのです!

今回はその方法をここでお伝えしたいと思います。

 

 

糖代謝リスクが高い方向け、体脂肪を落とす3つの方法

 

その1、夜ご飯の白米の量を半分に減らす。

まず一つ目は、夜ご飯の白米の量を減らすことです。

糖代謝リスクは、糖質に対して太りやすいため、糖質つまりお米の量を減らすことによって、体重が落ちやすい特徴があります。

全部の食事の糖質をゼロにしてしまうのは、体によくないし、続けることはほぼ不可能でしょう。

ただ、夜ご飯の白米をいつもより半分にする、これぐらいであれば1日の終わりに少し頑張ればできることです。

糖代謝リスクが高い場合、標準の人よりも少し糖質をカットするだけで結果が出やすいので、ぜひ試してみてもらいたいことです。

 

その2、間食をナッツ類に変更する。

二つ目は、間食つまりおやつをアーモンドやピーナッツなどのナッツ類に変更することです。

ナッツ類はGI値と呼ばれる数値が低いので、血糖値が急に上がることがあまりなく、糖代謝リスクが高い人にぴったりのおやつと言えます。

いまはコンビニでも簡単にナッツ類は手に入りますし、保存も効くので、一袋買ってカバンに入れておくのも賢い方法ですね。

 

その3、適度な有酸素運動をおこなう。

三つ目は、適度な有酸素運動です。私の場合は、ランニングを週に1回、20分ほど続けることでした。心拍数は120前後をキープです。

糖代謝リスクが高い人は、DNAからみて、有酸素運動が比較的効果が出やすいタイプです。

ですので、適度なランニング、水泳などを自分のペースで続けるだけで、体脂肪は順調に落ちていく可能性は高いのです。

今運動習慣がない方は、1週間に一回だけでもDNAにあった有酸素運動を取り入れることをオススメします。

 

以上の3つが、糖代謝リスクが高い人にオススメのダイエット方法です。

一つでもいいのでぜひ取り入れてみてくださいね。

 

ワトリックでは、食事はもちろんのこと自分のDNAにあった必要最低限の運動を、いっしょにトレーニングすることで、

効率よく楽にダイエットができるジムとなっています。

DNA検査の結果は、糖代謝リスクが高いと出た人でも、他のリスクも持っている方がほとんど。その場合は、自己流のダイエットではどうしても無駄が多くなってしまい、

失敗してしまうことがほとんどです。

どうせダイエットをするなら、楽に効率よくやせたいですよね?

ワトリックでは、プロのDNAトレーナーが、あなたのDNA合わせた食事・運動をしっかり責任を持ってアドバイスし、指導することで、あなたをもっとも効率のいいダイエットへと導きます。

現在ワトリックでは、1日1組限定で無料体験会を行っており、そこではあなたのDNAタイプにもっともあった食事、運動も正しいフォームできっちり指導させていただきます。

この機会にぜひ、お近くの店舗にお問い合わせください。

 

遺伝子検査についてもっと知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

遺伝子検査からつくるダイエットプログラム

3つの遺伝的リスクから作るあなたに最適なダイエットプログラム!

MENU

トップページ