『脂質代謝リスクが高い人へ!無理なく痩せるダイエット法3つ』

「自分のDNAは、脂質代謝リスクが高いのかもしれない」
「もし自分が脂質代謝リスクが高いなら、どうすればいいんだろう?」
そんなことでお悩みではありませんか?
遺伝子検査の結果、脂質代謝リスクが高いということで、お悩みの方は特に女性の方に多いです。
あなたがもしこれからあげる4つの項目の中で、一つでも当てはまることがあれば、脂質代謝リスクが高い可能性が大だと言えるでしょう。

 

 

脂質代謝リスクの特徴

・会食の時はついつい揚げ物に手を伸ばしてしまう。

・体が冷えやすい。
・足がむくみやすく、体がかたい。
・お尻や太ももなどの下半身が太っており、見た目が気になっている。

いかがでしょうか?一つでも当てはまった方は、脂質代謝リスクが高い可能性がありますね。
では、自分が脂質代謝リスクが高いとすると、どうやってダイエットすればいいのでしょうか?

 

 

食事からの脂質代謝リスク対策とは?

しっかり対策をすれば、脂質代謝リスクが高くても怖くありません。
以下に3つの脂質代謝リスク対策方法を載せておきますので、ぜひ実践して見てくださいね。

 

1、茹で料理・蒸し料理を選ぶ。

お料理を選ぶ時、できるだけ茹で料理もしくは蒸し料理を選ぶようにしましょう。
なぜかというとその二つは、ほとんど油を使わない調理法だからです。
揚げ料理はもちろん、焼き料理も調理過程で油が多く使われており、脂質代謝リスクが高い人には危険です。
できるだけ茹で料理、蒸し料理を選ぶようにしましょう。

 

2、おやつはおかきや和菓子を選ぶ。

おやつはおかきや和菓子を選ぶようにしましょう。
なぜかというと、そのおやつは油がほとんど使われていないからです。
スナック菓子やケーキなどの洋菓子は、たくさんの油が調理過程で使われており、脂質代謝リスクが高い人には危険です。
できるだけ油の使わないおやつを選ぶようにしましょう。

 

3、ドレッシングはノンオイルに

ドレッシングはノンオイルのものに替えましょう。
ドレッシングは、思った以上に多くの油が含まれています。
せっかくカロリーの低い野菜を食べるのに、油の多く入ったドレッシングを使うなんてダメ。
ノンオイルのドレシイングや、塩や酢などをベースとした油の使っていない調味料を使いましょう。

以上3つのことを行うことが、脂質代謝リスクが高い人にあった食事面でのダイエット方法です。
しかし、脂質代謝リスクが高い人は、食事だけではなかなかダイエットしにくい特徴もあるので注意が必要です。

 

 

食事だけではやせにくい脂質代謝リスク

脂質代謝リスクが高い人は、食事だけではなかなかダイエットしにくい特徴もあります。
いくら食事を頑張っても、それだけでは痩せにくいのです。
一番いいのは運動をしながらダイエットすることですが、ここでの注意は脂質代謝リスクにあった運動をおこなって欲しいということです。
世の中にはランニングから水泳まで、いろんなダイエットに関する運動がありますが、脂質代謝リスクが高い人の場合、間違った運動をしてしまうと逆に「太って」しまうこともあるのです。

 

 

脂質代謝リスクにあったダイエットは、プロに任せるのが一番

ワトリックでは、遺伝子検査の結果を元にその人に一番適したダイエット方法を、食事・運動の両面からサポートさせていただいています。
トレーナーがついて、DNAにあった運動のみをおこなえるので、正しい痩せ方で無理なく体重を変化させることができるのですね。
また、一人ではなかなか続かないダイエットも、信頼の置けるプロのトレーナーがいれば、安心してダイエットを続けることができるでしょう。
自分にあった正しい痩せ方で、あなただけの太りにくいライフスタイルを、ぜひ手に入れてくださいね。
ダイエットで一番大事なことは、まず遺伝子検査を受けて自分の本当の体質を知ること。そして、その結果から自分にあったダイエット方法を続けることです。
ワトリックでは、1日1組限定の無料体験を実施しており、ご自身のDNAタイプの予想も知ることができますので、是非この機会にお申し込みいただければと思います。

 

遺伝子検査についてもっと知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

遺伝子検査からつくるダイエットプログラム

3つの遺伝的リスクから作るあなたに最適なダイエットプログラム!

MENU

トップページ