遺伝子検査ってどんな種類があるの?メリット・デメリットは?

「遺伝子検査」が最近話題になっているけど、どんな種類があるんだろう?
「遺伝子検査」って種類が多いけど、自分に合うものってなんなのだろう?
そう思っている方も多いと思います。

確かに現在、遺伝子検査はメジャーになってきていますが、多くの種類があります。
遺伝子検査にはどんな種類があるのか、どの種類の遺伝子検査が自分に合うのか、よく分かりませんよね。
そこで今回この記事では、遺伝子検査の種類についてお伝えしていきたいと思います。

遺伝子検査の種類、どの種類の遺伝子検査があなたに合うのかが分かるようになりますので、ぜひ最後までお読みくださいね。

 

 

遺伝子検査の種類は、大きく2種類

 

遺伝子検査の種類は、大きく分けると2種類に分かれます。
一つは病気に関するリスクを検査する種類の遺伝子検査、もう一つはそれ以外の体質に関する種類の遺伝子検査です。
では、その種類をそれぞれ一つずつ説明していきましょう。

 

 

病気に関するリスクを検査する遺伝子検査

 

まずは病気に関するリスクを検査するものについてです。
この種類の遺伝子検査では、「がん」「消化器系」「心臓・循環器系」「骨」などに関する発症のリスクを知ることができます。
例えば「あなたの胃がん発症リスクは、日本人平均の1.22倍です」というように、結果が表示されます。

この病気に関する種類の遺伝子検査の場合には、それぞれメリットとデメリットがありますので、その説明もしておきましょう。

 

病気に関する種類の遺伝子検査のメリット

この病気に関する種類の遺伝子検査は、細かくそれぞれの病気の発症リスクがわかることが特徴です。
「サンプル」と呼ばれる母集団の中で、検査した方がどの辺りに位置するのかを数字ではっきりと示してくれるので、分かりやすく結果をみることができます。

 

病気に関する種類の遺伝子検査のデメリット

この病気に関する種類の遺伝子検査は、発症リスクがはっきりと数字で出るのですが、そこからどのような対策をしたらいいのか分からない、というデメリットがあります。
もしあなたが「〇〇の発症リスクが、2.5倍です」と言われたところで、そこからどのような対策をすればいいのかまで示している検査が少ないという点は、注意が必要です。

 

 

体質に関するリスクを検査する遺伝子検査

 

次は体質に関するリスクを検査するものについてです。
この種類の遺伝子検査では、「太りやすさ」「肌質」「筋肉の種類」などの体質を知ることができます。
すでに解明されているメカニズムから結果を出すので、「平均の○○倍です」などという表し方ではなく、「あなたはこのタイプです」とはっきり断言してくれるという特徴があります。

この体質に関する種類の遺伝子検査も、それぞれメリットデメリットがありますので、その説明もしておきましょう。

 

体質に関する種類の遺伝子検査のメリット

この体質に関する種類の遺伝子検査は、すでに解明されているメカニズムから結果を出すので、はっきりと自分がどのタイプに当てはまるか分かるというメリットがあります。
例えば「太りやすさ」に関する種類の遺伝子検査であれば、「糖質で太りやすい体質」「脂質で太りやすい体質」「筋肉がつきにくい体質」が分かります。
どういう対策をすればいいのかが分かるので、非常に効果的に遺伝子検査の結果を使うことができるのが大きな特徴です。

 

体質に関する種類の遺伝子検査のデメリット

体質に関する種類の遺伝子検査は、対策は立てやすいのですが、その対策を自分の意思で続けることが難しいということが、大きなデメリットです。
また、その対策自体もまだしっかりと確立されていない分野なので、遺伝子検査を専門に扱う機関にしっかりと相談することをオススメします。

 

自分の未来に活かせる種類の遺伝子検査を選びましょう
以上が大きく分けて、2種類の遺伝子検査の種類となります。
種類によって、結果の出し方や対策の取り方が違うということが、お分かりいただけましたでしょうか。

これからは、みなさん一人一人が遺伝子検査を受けることが常識となってくるでしょう。
ぜひこの機会にご自身にあった種類の遺伝子検査の受検を、検討してみてくださいね。
遺伝子検査については、他記事でも詳しく解説していますので、ぜひお読みいただければと思います。

MENU

トップページ