【遺伝子検査のやり方】4ステップで簡単!検査後が肥満とスリムの分かれ道

【遺伝子検査のやり方】4ステップで簡単!検査後が肥満とスリムの分かれ道

最近遺伝子検査がお手軽にできると言われているけど、実際どうやって検査するんだろう?

やっぱりDNAを採取するくらいだから、血液を採ったりするんだろうか?多少は痛い思いをしなきゃいけないのかな?

そのように気になっている方が多いのではないでしょうか?

今回はワトリックで実際に行っている遺伝子検査のやり方についてご紹介します!

 

実は簡単!遺伝子検査のやり方

結論から言いますと、「ほっぺたの内側に綿棒を押し当てる!」以上です。

もう少し詳しく説明すると、

①採取前に3~4回程度口の中をゆすぐ(口に水を含んで飲み込むだけでもOK)

②綿棒を開封し、容器から取り出す。

③ほっぺたの内側に綿棒の綿部を強く押し当て、ほっぺたの内側全体にまんべんなく、綿棒を回転させながら10回程度上下へ動かす。

④綿棒を容器へ戻す。

といった、たったの4ステップでDNA採取は完了。

あとは2週間後の結果を心待ちにしていただければ大丈夫です!

ほらね、とっても簡単ですよね!

 

遺伝子検査の後にどうするか?それが肥満とスリムの分かれ道!

上記でご紹介させていただいたように、一昔前に比べて簡単に遺伝子検査をすることができるようになりました。もしかしたら、この記事を読んでいただいている方の中にも、すでに遺伝子検査を経験されたことがある方もいらっしゃるかもしれません。では、経験されたことのある方は、検査の結果を受けてどのように活かしましたか?経験されたことのない方は、遺伝子検査の結果をどのように活かしたいですか?

残念ながら、遺伝子検査を興味本位で行ったけれども結果を見て「へえ~そうなんだ~」で終わってしまっている方が多く、遺伝子検査を提供している機関も検査はするけどアフターフォローまでできているところは少ないのが現状です。

DNA×ダイエットに関して言えば、検査後にどのような対策をするかが肥満とスリムの分かれ道。検査して終わりではもったいないんです!

 

遺伝子検査機関直営のジム。だから検査結果を「活かす」方法を知っています!

ワトリックは遺伝子検査機関直営のジムのため、遺伝子検査から導き出した「効率的」なダイエット方法を提案、実践しています!また遺伝子検査とダイエットを一体的に提供しているため、無駄な出費もなく安心です!糖質制限ダイエット、食べる順番ダイエット、断食ダイエット等々これまでいろんなダイエットを試したけど、結局挫折してしまったそこのあなた!無駄なダイエットはやめて、効率的なダイエットをしてみませんか?

まずはぜひ無料見学会、ダイエット相談にお越しください!!

 

無料体験の内容はこちらから

遺伝子検査についてもっと知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

遺伝子検査からつくるダイエットプログラム

3つの遺伝的リスクから作るあなたに最適なダイエットプログラム!

MENU

トップページ