ダイエットの食事もDNAによって種類が違う!まずは自分のDNAを知るべきです。

こんにちは。ワトリックトレーナーのハッシーです。
気づけば季節は流れ、秋はすぐそこまで来ています。
秋といえば、食欲の秋。ついつい食べ過ぎてしまうことも多くなりますよね。
そんな食べ過ぎの季節になって、もっと嫌な気持ちになる時といえば、食べ過ぎが原因で、自分のタプタプとしたお肉に気づいてしまった時ではないでしょうか?

 

 

体についた脂肪、どうにかしたい!でもどうすれば?

 

そんな脂肪がたっぷりついた体からは、一刻も早くおさらばしなければなりません。
そしてその脂肪は、食食事が原因となっていることが多いので、食事を見直すのがダイエットへの第一歩と考える人が多いです。

世の中には多くのダイエットレシピが出ていて、ダイエットに成功した人も多いことでしょう。
実際に僕の周りでも成功したと言う声を聞くことがありますが、同時に全く変わらなかったと言う声も多く聞きます。
ただ単に食事を気をつけるだけでは、どんなに気をつけても痩せない人がいることも、事実としてあるのです。
もちろん食事でダイエットできた経験を持っている人もいるでしょうが、今脂肪に悩んでいる時点でそれは大きな意味では失敗。
もっと自分にあった方法があるはずなんです。

 

 

遺伝子の種類によって、あなたに合った食事の種類が違うんです。

 

自分に合った方法、すなわち自分の体質にあった食事を知ることができれば、今まで失敗してきたひとも食事でまたダイエットできる可能性が広がります。
自分の体質にあった食事の種類が分かれば、こんないいことはないですよね?
実はこの自分にあった食事の種類、自分の持っているDNAによって分かることができるんです。

自分の持っているDNAによって、自分に合う食事の種類は全然異なります。
ある人は糖質を控える方がいいこともあれば、ある人にとっては食べても大丈夫な場合も。
そしてある人は脂っこいものを食べると太りやすい人もいれば、ある人は筋肉が落ちやすくいいスタイルがキープできない人もいるんです。
そしてそして驚くことに、しっかりダイエットに成功したいなら、いったんよく食べて体重を増やした方がいい人もいるんです。
これだけDNAによって食べた方がいい食事の種類が違うのだから、DNAを調べた方が効率のいいダイエットに繋がるのは明らかですよね。

 

 

効率のいいダイエットなら、まずは遺伝子検査から。

 

これからの季節、ダイエットに取り組むなら、まずはDNAを検査してから始めないと目標には間に合わないかもしれません。
でも逆にいうと、DNAを検査することができれば、自分がダイエットするのにあった種類の食事がわかるので、今まで手間暇かけて料理を作ってもあまり痩せなかったものが、
ちょっと種類に気をつけて料理を作るだけで、スルスルと痩せていく可能性もありますよね。
食事でダイエットをするなら、まずはDNA検査をして、どんな種類の食事が自分に合うかを知ること。
それがこれからの季節に向けての、食事ダイエットの第一歩と言えるでしょう。

MENU

トップページ