あなたにとって食べたいものは本当に必要なものなのか?

 

食べてないのに痩せられない…

そんな悩みをお持ちではないですか?

食べるものを減らしてしまう→太ってしまう

遺伝的リスク別に言うと「たんぱく質リスク」

というリスク自体をお持ちの方もいらっしゃいますが、

今日は体がいらないものを摂取してしまうメカニズムを御紹介したいと思います!

 


 

皆さんはきっと、すでに様々なダイエット法に挑戦されていて、

経験も知識も豊富な方もおおいかと思います(*^^*)
正直、いろんなものを試したが納得がいく方法が見つからない…

なので仕方な~く、未だに探し続けているのではないでしょうか?

 

では、なぜ!
自分にとって要らないものを、体は手放せないのか…

答えは実は簡単

『体がそれを必要だと勘違いしているから』なのです!!

 

人間は生き、生活するために、

エネルギーや生存に必要なものを摂取して生きていかなければなりません。
その、エネルギーをほぼ食事の中にある栄養分やカロリーなどの摂取でまかなっています。
そして、基本的には生存活用に必要な摂取分は体はきちんと理解しています。
しかしながら!

近年のお野菜をはじめ

皆さんに身近になったお惣菜、コンビニ食、おやつ、外食には、

以前と比べて栄養素の量が減り、

その分のカロリーや、添加物、調味料増えました。
本当に必要な部分が減り、余計な部分ばかりでイメージするのなら
美味しそうな立派な海老の天ぷら、、、

しかし食べてみたら中の海老が甘エビサイズ(*_*)
体にとってはそんなお食事を毎食食べている気分なのですね…
ご自身にとって立派な美味しいお食事をとっているつもりでも、
体の奥底では、小エビ程度では満足できず、すぐに早い段階でエネルギーが切れてしまう…
体は空腹を感じ訴えることでエネルギーの追加を催促します。
この状態が積み重なってくることによって、

一回の食事の量が増えてしまったり食べてもすぐお腹が減ってしまう、、、
つまり!

自分の体に必要なエネルギーが1回1回しっかり摂れていないから

いつまでもお腹が減るんです!
それは量の問題だけではありません。

 

そして、ワトリックの遺伝子検査とは

あなたご自身の体。実は、それぞれが一番好むエネルギーが違うんです
車の種類によってハイオクやレギュラー、ディーゼル、時には電気の場合などあるように
人間にとっても同じエネルギーだとしても

その種類や取り方は必ずしも一通りではないのです
ワトリックの遺伝子検査では

『あなたの体はどんなガソリンが必要なのか』知ることができます!
運動内容についても、自分の体に必要な量だけ、自分の体を効率良く動かせるジムなのです!

自分のお食事を、大衆向けで誰でもまんべんなく結果が出るものに無理に合わせるのではなく、
あなただけの体に合わせた、食事と運動を見つけられます!

あなたの生まれ持った遺伝子を調べて、もっと効率よく痩せませんか?

 

 

無料体験の内容はこちらから

MENU

トップページ