「糖代謝リスク」が高いあなたへ。気をつけるべき食事のポイント3つ

「私は糖代謝リスクが高いようなんだけど、どんな食事が自分にあってるんだろう?」
「糖代謝リスクが高い場合、食事のどんなところに気をつければいいの?」
こう思ってはいませんか?
確かに「糖代謝リスク」が高いと言われただけでは、そこからどうやってダイエットに向けて行動をしていけばいいのか分かりませんよね。
そこで今回は、糖代謝リスクが高い人向けの「食事」について、気をつけるべきことは一体なんなのでしょうか。

 

 

糖代謝リスクの「食事」ポイントは、糖質を少しずつ減らすこと

 

糖代謝リスクの食事について気をつけること、それは「糖質」についてです。
一言でいうと糖質を「食事」から、少し減らしていくことが大事になってきます。
ここからはその具体策を3つお伝えしていきましょう。

 

1、主食の量を減らしていく

まずは主食の量についてです。
食事の主食といえば、白米が多いのではないでしょうか。
まずこの主食である白米自体を、今までお茶碗一杯だったところを八分目にするであったり、二口分残すであったりと、量を少なくすることを優先します。
それだけで、糖代謝リスクが高い人は、そうでない人に比べてダイエット効果が期待できるのです。
また、今まで白米を食べていたとするなら、それを雑穀米や玄米に変えてみることもオススメです。
その二つは白米に比べてGI値が低いので、糖代謝リスクが高い人にとっては、より適した主食となります。

 

2、おやつは中身に注意する

おやつは我慢した方がいいです。しかし、どうしても食べたい時、ありますよね?
食事だけでは足りない時、おやつを食べるときは、できるだけ「糖質」が少ないものを選ぶようにしましょう。
チーズやナッツ類などであれば、同時にたんぱく質も多く摂れるので、非常にオススメですよ。
これ食べても大丈夫かな?と思うときは、パッケージに書いてある「栄養成分表示」をみるといいでしょう。
糖質が何グラム入っているかわかるので、いくつか見比べてもっとも糖質が少ないものを選びましょう。

 

3、水をうまく活用する

お水をうまく活用するのも大きなポイントです。
食事の前にお水をコップに一杯のむ。これだけで、急な血糖値の上昇を抑えることが期待されるます。
また、食事の前に水をとることで、食べ過ぎの予防の効果も期待されるので、ダイエットにはもってこいというわけです。
現在は、糖の吸収を和らげるとされている「トクホ」と呼ばれるジャンルの飲み物もありますよね。
それらを食事と一緒に飲んでいただいてもいいでしょう。
食事そのものだけではなく、食事の時に何を飲むかもポイントです。

 

 

食事だけでダイエットは成功するとは限りません。

 

糖代謝リスクが高い方、今回の食事に関する記事を参考に、食べるものを選んでくださいね。
また、食事だけでのダイエットは、体重は落ちるかもしれませんが、綺麗なスタイル・見た目維持するには 「運動」も必要です。
その運動も、「糖代謝リスク」が高い人に適した運動、適さない運動がありますので、もし効率よくダイエットに挑戦したい方は、一度ホームページをご覧いただければと思います。
自分の遺伝子を知って、効率よくダイエットに挑戦していきましょう。

 

MENU

トップページ