美しいバストのためにはプッシュアップでバストアップ?

ワトリック、チーフトレーナー&フォーム指導官の大久保です。
このブログで自宅で筋トレをしたい方向けに、色々な筋肉トレーニングの仕方を解説していきますので参考にしてください!

今日ご紹介するメニューは「プッシュアップ」です!

 

プッシュアップをするとどうなるの?

「女性にとっては難しい!辛い!なんて思われているエクササイズ」代表

かなと思っているのですが、いかがでしょうか?

実際は正しいフォームや、正しい負荷の調整を知っていれば
どんな方にでも挑戦して頂けるし、つらくて大変なものでも、実はないのです(^^)

 

更にプッシュアップ、つまり腕立て伏せ が出来ない方って
「私、腕の筋肉全然ないんですー」

とたまに言われたりもするのですが
プッシュアップは、

腕の筋肉トレーニングではなく 胸の筋肉トレーニングです!

 

姿勢改善にももちろん繋がりますし、

女性にとっては、バストアップしたり、デコルテが広くしなやかになるので、

よりいっそう胸がふくよかに見えますよ!

 

正しいフォームはこちら!

1.プッシュアップバーを、肩幅よりも手のひら一枚分だけ広げ、

ハの字にして床におきましょう。
※バーは低い方が手前、高くなっている方が奥にしておきましょう。

 

2.手のひらの根元(手根)にバーがくるように、上から握り、

ヒザをつき四つん這いになりましょう。

 

3.そのまま体が一直線になるようにし、つま先を地面につけたまま、

体を持ち上げます。

筋力が足りない方は、ヒザをつけたまま体を一直線に持ち上げましょう。
※手首の真上に肩がくるように上体はキープです!

 

4.そのまま、ヒジを横に開くように体を沈めます。

ヒジは真横ではなく、ワキの角度は45度になるようにして開きましょう。

 

5.体を沈めると、肩甲骨がぐーっと寄っていき、

胸の筋肉が伸びていくことが感じられればOK!

 

6.胸が開き切ったら、そのままプッシュアップバーを手のひらの根元で押し出すようにして、

体を一直線を保ちながら持ち上げましょう。

 

7.目線は斜め下45度あたりを見るようにしましょう。

これを繰り返していきます。

呼吸は体を持ち上げるときに吐き、沈めていくときに吸うようにしましょう。

 

気をつけて!よくある間違いをチェック!

☆真横から見たとき、肩の真下に手が来ていますか?
☆腰が下がったり、お尻が飛び出してしまったりしていないですか?体は一直線になっているようにチェック!
☆頭が下がって、目線も下がったりしていないか?

 

プッシュアップでキレイな体型を手に入れましょう!

正しいフォームと正しいプログラムで楽にダイエット!

フォームが崩れるだけでダイエット効果は半減します。
どれだけがんばっても痩せるのは難しい…
この記事を参考に、どうせやるなら正しいフォームで効率よく痩せましょう!

 

実は楽に痩せるために、正しいフォームよりも大切なことがあります。

 

それは「正しいプログラム!」
あなたに合った正しいプログラムを作成することで、今までの失敗が嘘のようにキレイになっていきます!

一昔前までのジムはトレーナーの経験や勘によってプログラムを決めていましたが、

今はそんな時代ではありません!

 

遺伝子検査をすることで、確実にあなたに合ったダイエットプログラムを作成することができます。

 

 

ワトリックは、遺伝子検査の専門機関が直営する唯一のダイエットジムです。
無料体験も行っておりますので、是非一度遊びに来てくださいね(^^♪

 

無料体験の内容はこちらから

MENU

トップページ