『女性の敵!皮下脂肪をやっつける正しいダイエット法とは?』

体脂肪には『内臓脂肪』と『皮下脂肪』の2つの種類があり、それぞれまったく性質が異なります。

 

■内臓脂肪…内臓のまわりにつく脂肪

・’リンゴ型肥満’とも言われており、お腹全体がぽっこり膨れ上がっている
・男性に多くみられるが、女性でも年齢とともに女性ホルモンが減少し、内臓脂肪がつきやすくなる場合がある

■皮下脂肪…体の表面に近い部分につく脂肪

・’洋ナシ型肥満’とも言われており、お尻や腰、太ももなどの下半身につきやすい
・女性に多くみられる

 

今回は、女性に多くみられる皮下脂肪について、詳しくお話したいと思います。

皮下脂肪とは?

消費されなかったエネルギーが蓄積された脂肪で、皮膚のすぐ下の部分に脂肪がついている状態です。
外部からの刺激を緩和する、緩衝材の役割を果たすため、子宮を守るように下半身に脂肪がつきやすく、女性に多くみられます。

 

 

皮下脂肪を減らすには?

皮下脂肪はゆっくり増える代わりになかなか落ちにくい性質があります。
短期間のダイエットでは皮下脂肪は落ちていかないため、日々の生活習慣を見直してじっくり落としていきましょう。

・毎日7~8時間の睡眠をとる

睡眠時間が短くなると、空腹を促すホルモンが増え、満腹を促すホルモンが減ります。
また夜10時以降の食事は体脂肪に変わりやすいですが、夜更かしをすると夜食が恋しくなりますね。
早寝早起きを習慣にしましょう!

・食事に集中して、ながら食べをやめる

テレビをみながら、スマホをみながら、という’ながら食べ’は、食事をとっているという認識が
脳に届けられないため、満足感を感じにくくなります。しっかり噛みながら食事に集中し、過食を防ぎましょう!

 

・カロリー表示を確認するクセをつける

脂肪を減らすには、消費エネルギーよりも摂取カロリーを少なくする必要があります。
摂取カロリーは下記のように求めることができます
【標準体重(㎏)=身長(m)×身長(m)×22】
【摂取カロリー(kcal)=標準体重(㎏)×25~30】
1日の摂取カロリーをしっかり意識して、カロリーコントロールしていきましょう!

なかなか手強い皮下脂肪は、根気強く向き合っていく必要があります。
根気強く……せっかく努力してても結果が目に見えてはっきりわからないと、挫折しまいがち。

そんな方いますよね?
今やっているダイエットが自分にしっかり効果あるのか、知りたくありませんか?

 

 

遺伝子検査をするとあなたのダイエット対策法わかります!

検査結果でわかる、生まれもった遺伝的リスクによってダイエットの道筋が変わってくるんです。
’’皮下脂肪型肥満’’タイプの方はもしかしたら”脂質代謝リスク”をお持ちなのかもしれませんし、
もしかしたらまた、ちがうリスクも持っているかもしれません。

あなたに合った効率のいいトレーニング法や食事を知って、「一生続けられる」ダイエットを見つけましょう。
ワトリックでは只今、無料体験キャンペーン実施中です!
ぜひお待ちしております☆彡

 

無料体験の内容はこちらから

MENU

トップページ