『ダイエット中、簡単に間食をやめられる?!』

ダイエット中で食事に気を付けているのについつい間食したことありませんか?
「どうしても我慢できなくて」、「少しなら大丈夫」、「今日だけなら」、と食べてしまいますよね!!

今日は、間食したくなった時に間食を抑える方法を1つお伝えします。

わたしもダイエット中に、少し間食しただけで失敗したことがあり、同じ経験をしている方も多いと思います。
「1度だけ」、「今回だけなら」といいつつも間食の回数が増え、量がどんどん増えていくものです。
せっかく今まで頑張ってきたダイエットが間食したことでわたしも含め、ダメになってしまったという話を良く耳にします。

では、どんな方法で間食を抑えることが出来るのでしょうか?
わたしはこの方法で間食を抑えることに成功しました。

その方法とはガムを噛むことです。
しかし、ガムなら何でも良い、とういうわけでありません。
噛んでも良いガムは、シュガーレスガムのみです。
なぜ、シュガーレスガムが良いのかといいますと、砂糖が入っていませんし、1粒のカロリーが約10kcalと低カロリーだからです。
食べる時には1回、1粒にしましょう。
食べ過ぎには注意です。

 

 

何か食べたいという欲求を満たすためには満腹感、つまり満腹中枢を刺激してあげたらよいのです。
間食をしたくなるということは空腹を感じているということなので、この時に食べ物を噛めば満腹中枢を刺激できます。
といっても満腹中枢を刺激するために、お菓子やスイーツを食べてしまってはせっかく頑張ってダイエットをしているの意味がありませんね。
ですから低カロリーのシュガーレスガムが効果的なのです!!
ガムならいつまでも噛んでいられるので、満腹中枢を刺激するのにピッタリの食べ物なんですよ!!

さらに、ガムは間食を抑えることだけではなく、他のメリットもあります。

〇メリット〇
・唾液が分泌され、その唾液に含まれる消化酵素により胃腸を助けることで便秘予防になる
・噛むことでより多く放出されるパロチンという成長ホルモンがあり、別名若返りホルモンとよばれるように女性ホルモンを活性化させる効果を持っている
・表情筋のトレーニングになり、二重あごの防止や小顔効果

 

 

わたしも時々、どうしても間食したくなった時はシュガーレスガムを噛んで満腹中枢を刺激して間食しないよう抑えることが出来ています。
もし、間食をしたくなった時は、沢山のメリットがあるシュガーレスガムを噛んでみてはいかがでしょうか?

MENU

トップページ