そのやり方間違ってない?有酸素運動できちんと痩せるための3つの法則

ダイエットしようと考えていて
体を動かすのが好き!または得意!
そんな方には有酸素運動はいかがでしょうか?
まず、有酸素運動ってどんなものかご紹介したいと思います。

そもそも・・・

 

有酸素運動とは?

「呼吸を止めて行うのが無酸素運動で、呼吸をしながら行うのは有酸素運動」

としている方がいらっしゃいますが、これは違います。

有酸素運動とは、酸素をエネルギー源として脂肪を燃焼させる運動で、

一方の無酸素運動は筋肉に蓄積してある糖質を燃焼させる運動なんです。

 

 

有酸素運動のダイエット効果は?

私達の体は、運動を行うとまず始めに、血液中の糖をエネルギーとして使います。

そして次に、筋肉に蓄積してある糖分(グリコーゲン)燃焼させてエネルギーにします。

つまり、ダイエットで真っ先に落としたい”脂肪”は順番では3番目となっております。

しかし、脂肪が酸素をエネルギーとして燃えることから、有酸素運動によって脂肪の燃える効率は上がっていきます。

有酸素運動を行うと筋肉よりも先に体脂肪を燃やすという研究データもあり、

有酸素運動は「脂肪を減らしたい」という方には大変有効なダイエット方法と言えるでしょう!

 

 

有酸素運動を好きなだけやればいいのかというと大きな間違い!

 

①20分以上続けること

 

脂肪燃焼が開始されるのは、運動を始めてから20分後からです。

それ以下の場合は効果が得られないので、有酸素運動をする時は時間を意識しましょう。

また、酸素を体内に摂り込むことが最も大事なので、「ハッハッ」と呼吸が荒くなっては意味がありません。

有酸素運動を行う場合は20分以上を目安にして、体が疲れすぎたり呼吸が乱れる状態までは行わないようにしましょう。

 

②うっすらと汗をかき、気持ちいいと思える状態をキープ!

 

大量に汗をかくほど運動を行ってしまうと、体温が上がりすぎてしまい脂肪分解酵素であるリパーゼの働きが鈍くなってしまいます

気持ちいいと思える状態で長く継続することが大切です。

 

このことに注意しながら好きな有酸素運動をとりいれて理想の体型を手に入れましょう!

 

 

そして特に有酸素運動ダイエットをおすすめしたいのが
下半身の脂肪が気になる方。

お尻や太ももにお肉がついている人は危険なんです!
他の人よりもなかなか体重は落ちづらく人一倍努力しないといけません…

なぜかというとDNAが関係してくるのです。

 

DNA検査とは?

人それぞれDNAは違うので最適なダイエット方法も変わってきます。
その近道がわかるのがDNA検査。
いままで悩んでいたダイエットがもっと楽になるかもしれませんよ。

 

 

無料体験の内容はこちら

MENU

トップページ