有酸素運動だけのダイエットは危険?その効果3つと問題点

ダイエットをしよう!という人がまず思いつく「運動」といえば「有酸素運動」ではないでしょうか?
有酸素運動といえば、ランニングやジョギング、スイミングやウォーキングなどが思い浮かびますよね。
実際に、ダイエットのためにこの有酸素運動に取り組んでいる人も多いかと思いますが、その効果について具体的に知っている人はあまり多くありません。
有酸素運動の効果をしっかり分かっていれば、ダイエットにもやる気が出るし、続けることができますよね。
そこで今回は、有酸素運動の効果について、具体的に3点お伝えしていきたいと思います。
この記事を読んで、より有酸素運動に力をいれて、ダイエットにはげんでいきましょう。

 

 

1、脂肪を燃焼させる効果がある

 

一つめは脂肪燃焼の効果です。
脂肪を燃焼させる効果を高めるには、脂肪をエネルギーとして使う必要があります。
運動を始めてまず使われるエネルギーは血中にあるエネルギーですので、それがなくなってくるとやっと脂肪がエネルギーとして使われはじめます。
有酸素運動は長時間の運動をすることで、脂肪燃焼の効果が発揮されるというわけなんです。
逆に重いものを息を止めて持ち上げる「筋トレ」には、それそのものには脂肪燃焼の効果は薄いので注意することが必要です。

 

 

2、体重を減少させる効果がある。

 

二つめはたいじゅうを減少させる効果です。
脂肪が燃焼される効果ももちろんですが、有酸素運動を続けることで筋肉も落ちることがあります。
つまり脂肪と筋肉両方が落ちる効果がある、ということですね。
筋肉が落ちてしまうのは注意が必要ですが、なんとしてでも体重を落としたいという人にとっては効果的でしょう。
筋肉を落としたくないという人は、筋トレも併用しながら有酸素運動を行うことが大切です。

 

 

3、心肺機能向上、体力向上の効果がある

 

三つめは、心肺機能や体力が向上する効果です。
有酸素運動は、極限まで心拍数をあげる運動ではないですが、長時間体に負荷をかけ続けることになります。
ランニングなどがいい例ですね。
身体中に酸素を運ばないといけないため、心臓は通常よりも動かないといけないし、体の筋肉も通常より多く必要となります。
そういった負荷がかかり続けることで、人間の体はそれに適応しようと、心肺機能が向上しスタミナがつき、体力も向上してくるのです。
体力が向上すると、体調を崩しにくくなるだけでなく、ダイエットのための運動も続けやすくなるので、一石二鳥の効果というわけなんです。

 

 

有酸素運動だけでは危険かも!ダイエットはバランスよく。

 

ただし、いくらダイエットをしたい、体重を減らしたいといっても、有酸素運動だけをするのはあまりオススメできません。
というのも、有酸素運動だけでは「筋肉も含めた体重」が落ちる効果があるからなんです。
ダイエットをしたい人でも、綺麗になりたいからダイエットするのであって、ガリガリのガイコツのような効果を期待しているわけではありませんものね。
これから有酸素運動で効果を出したい人、有酸素運動で効果が出始めている人は、その危険性も分かった上でトライすることが大事です。
また、遺伝子検査でたんぱく質リスクが高い人は、通常のひとよりもより有酸素運動には注意が必要なタイプとなります。
有酸素運動だけのダイエットには注意して、自分にあった「ダイエット効果」を高めていけるといいですね。

MENU

トップページ