『美容に良いとされている甘酒。どういった効果があるの?』

あけましておめでとうございます!

今年もワトリックを宜しくお願い申し上げます。

新年第一弾のテーマは『甘酒』

初詣の出店などでよく出されていますよね。
最近そんな甘酒が美容にイイと噂です!

甘酒にはどういった美容効果があるのでしょうか。

 

甘酒の美容効果とは

甘酒は「飲む点滴」なんて言われるくらい、栄養がたっぷり入っています。
酒かすには麹酸という成分が含まれており、

シミの原因になっているメラニンの生成を抑え、シミやくすみを防ぐ働きをしてくれます。

また、甘酒には皮膚や粘膜を保護するビタミンB2をはじめとしたビタミンB群も豊富。
ビタミンB2にはお肌の潤いを保つ効果もあるんです。

 

 

甘酒の中に含まれるブドウ糖には血糖値を上げる働きがあることから、

満腹感を得やすくする効果があります。

また、甘酒には脂肪を消化してエネルギーに変えてしまう酵素や、

代謝に働きかける酵素がたくさん含まれています。
酵素は代謝に欠かせないとても大切な栄養素で、

身体の中の酵素が減ると代謝が悪くなって太りやすい体質になってしまうんです。
甘酒を飲むことで十分に酵素が補給され、

代謝が良くなると身体の中に溜まった老廃物や毒素が排泄されて、

さらに腸内環境が整うことでダイエット効果まで期待できます!

そして米麹の甘酒は、100gに含まれるカロリー数がわずか80キロカロリー程度と低カロリーです。
たくさん栄養が含まれているのにこの低カロリーはうれしいですね♪

 

 

朝に飲む場合

ダイエット目的で甘酒を飲むのであれば、朝に飲む事が最も効果的です。
朝に甘酒を温めて飲むことで基礎代謝を上げる事ができます。

 

夜に飲む場合

甘酒にはストレスを鎮め、交感神経の興奮を穏やかにしてくれる働きがあります。
夜の時間には副交感神経が働くことでリラックス状態になるので、

寝る前に甘酒を飲むことでストレスを撃退させることができるんです。

美肌効果、アンチエイジング効果、疲労回復目的の場合も夜寝る前がおすすめです。

 

栄養豊富な甘酒ですが、ブドウ糖などの糖質が多く含まれているので

糖代謝リスクが高い方は特に飲みすぎには注意しましょう。
まずは遺伝子検査をし、自分に合ったダイエットを行うことをおすすめいたします♪

遺伝子検査について、気になった方はこちら↓

 

無料体験の内容はこちらから

MENU

トップページ