もっと太い腕を!筋トレ落とし穴3つとは??

筋トレをしているのに、あまり腕が太くならない。
最初の頃よりは腕太くなったけど…
もっと太くなりたいそんな方に、ぜひお試ししたい筋トレ方法をご紹介いたします。

筋トレ方法間違っていないですか?

いつもの筋トレメニューを思い出してください。
10回3セットや、それに近い数字が色んなところで耳にしますが
10回前後で限界を迎える重量が最も効果的とされているからです。
なので10回3セットをやってれば言い訳ではないんです!!
ではどのような筋トレをしたらいいのでしょう?
3つのことを注意しましょう。

 

①筋肉を大きくするにはどんな筋トレをしたら良いのか

「限界」にどれだけ近づけるかがポイントです。
限界まで追い込むことこそ筋トレの本質なんだと知ってください。
このトレーニングなら何回まで出来る。など
自分の限界を知るために毎回限界までやりましょう。
そしてまた新たな限界に挑んでください。

 

 

②筋トレメニューを固定しない

特に全身の筋トレを1回のトレーニングでやる人に多くみられますが
トレーニング時間が1時間だったとしても
腕の筋トレは2~3種目ぐらいで
毎回同じメニューだと筋肉のつきかたが偏る可能性があります。
なのでメニューをコロコロ変えるのがおすすめです。

 

 

③休息をとる

トレーニングをし十分な栄養を摂って、質のいい休息をとることは
とても大切です。何より、リフレッシュにもなり次の筋トレのモチベーションに関わりますし
ストレスは筋肉にも影響を及ぼすといわれています。
筋肉のためにもしっかり休息をとりましょう。

 

筋肉がつきやすい人とつきにくい人の違い

どんな違いがあるのでしょう?
それは生まれもったDNAが関係してきます。
筋肉がつきにくい人はいますが、筋肉が全くつかないわけではないので
安心してください。

 

まとめ

①限界まで追い込む
②メニューをコロコロ変える
③休息をとる
筋肉がつきにくい人はDNAが関係してるかも?
もし興味のある方はDNA検査をしてみてはいかがでしょうか。

 

無料体験の内容はこちらから

MENU

トップページ