『もうセルライトで悩まない…自宅でできる「太ももダイエット」の方法』

自分の太ももの太さ、気になってる方おおいのではないでしょうか?
太もものボコボコとした部分、それがセルライトです。
セルライトは脂肪細胞の中に老廃物が蓄積し、

脂肪細胞が大きく成長してしまったもののことを言います。

 

セルライトをなくすためには、まず原因を知るところから

太っているからと言って、必ず太ももなどにセルライトができるわけではありません。
それでは、何故セルライトができてしまうのか、原因を見ていきましょう。

 

① 普段の食生活 -  セルライトを蓄積させてしまう食べ物。

セルライトを蓄積させてしまうと言われている食べ物は

「脂肪を蓄積させる食べ物」「むくみの原因となる食べ物」と言われています。

 

・脂肪を蓄積させる食べ物

高カロリーで脂っこい食べ物は、食べ続けると脂肪を蓄積してしまいます。
特に肉の脂身や、洋菓子など動物性の脂肪が多く含まれる食べ物は血液をドロドロにしやすいそうです。

 

・むくみの原因となる食べ物

塩分の多いものを摂ると、体が水分を欲しがります。
すると必要以上の水分が体内に溜まり、むくみを引き起こしてしまいます。
このむくみがセルライトの原因となってしまうので、

塩分の多い食べ物は避けるようにしましょう。
インスタント食品やコンビニ弁当などは思っている以上に塩分が多く含まれているので、

普段からよく食べている人は特に注意が必要です。

 

② 冷え ー 血行の悪い場所

足先や手先など身体の冷えを感じる部分は、血行の悪い場所です。
通常は温かい空気は上へ、冷たい空気は下に行こうとするので足元などは

どうしても冷えやすくなってしまうのです。
体温が下がれば血液やリンパの流れが悪くなり、その上代謝も下がってしまいます。

最近の生活環境では運動することが減り、デスクワークなどで1日中ずっと座っていたりすることが多いため
下半身を動かすことがほとんど無く、その上椅子に座っていることで

太ももやお尻は常に圧迫された状態が続くので
どんどん血流が悪くなっていき、セルライトができやすい状態になるといわれています。

 

何とかしたいボコボコ。セルライトをなくす方法は?

マッサージなども有効とされていますが、まずは生活習慣を見直し、根本から解決していきましょう。

 

① 食生活の見直し - 脂質を控えめに。

普段の食生活ではなるべく肉より魚を心掛けましょう。
特に青魚は血液をサラサラにしてくれるので、積極的に摂り入れていきましょう。

 

② 下半身の代謝を改善 ー 筋肉を動かし、血行を良くしましょう。

足の血行やリンパの流れを改善する方法は、筋肉を動かすことです。
ウォーキングやジョギングなど、時間をかけなくても仕事の合間に立ち上がって、

少し動かすだけでも血行はよくなります。
他にも、寝る前に足のマッサージをする、足を高くして眠る、

など簡単にできるものばかりなので実践してみましょう。
特にマッサージは冷えの改善にも繋がります。

短い時間で良いので、毎日続けることが大切です。

 

セルライトができやすい…これって体質かも

遺伝子検査をすることで、あなたの体質がわかります。
遺伝子検査の結果では、3つのリスクが判別することができ、

 

なかでも「脂質代謝リスク」の方は
特に腰回りから下半身にかけて脂肪がつきやすい遺伝的体質です。
また、身体が冷えやすい遺伝的体質でもありますので、

血行をよくするために運動を行ったり、
お風呂上がりにマッサージやストレッチを行うと良いでしょう。

 

まずは遺伝子検査で自分の遺伝的体質を知り、適切なケアを行いましょう。

 

無料体験の内容はこちらから

MENU

トップページ