『トレーニングの紹介』

こんにちは。大西舞です。

今日はトレーニングの紹介をさせていただきます。

露出が増えてくるこの季節、体型を気にしてきてる方も多いのではないでしょうか。

遺伝子でいうと、たんぱく質リスクが高い方向けのトレーニング方法をご紹介します。

たんぱく質リスクが高いと、筋肉不足からたるみや姿勢が悪くなってしまいやすい為大きい筋肉を鍛えて基礎代謝を上げ、痩せやすい身体をを主に作っていきます。

今日はベントオーバーという種目のご紹介をしていきます。

①足は腰幅に開き、両手にダンベルを持ちます。

②そのまま股関節から上体を前に倒していきます。 ヒザは自然に曲げ、このときモモの裏側がピーンと伸びるような感覚があれば OK です。

③できるだけ上体を床と平行に近づけるように倒していきます。 このとき両手は、重力にまかせて下にだらりと垂らしておいてください。 背中は曲がらないように注意です。

④その姿勢のまま、両ヒジが後ろに糸で引っ張られるように、後ろに引いていきます。 このとき、肩甲骨はしっかり寄せるようにしてください。

⑤腕以外の姿勢は保ったまま、またゆっくりと元の姿勢に戻していきます。 目線は常に斜め下45度を見続けるようにしましょう。

呼吸は、息を吸いながらヒジを引き、吐きながら下ろしていきます。

どうですか?是非ダンベルを500mlのペットボトルに置き換えるだけで、お家でも出来る種目ですのでやってみてくださいね!

またフォームがわからなかったり、他にも気になる点が出来た方

お問い合わせ

MENU

トップページ